皮膚科の医師が転職を考える時、一体どのようなタイミングであれば成功しやすいのでしょうか?
また若い医師では転職が成功しないのではないか?という疑問をお持ちの方もいるかと思います。

皮膚科医にとって満足出来る職場替えを実現するために、気をつけておきたい所などをまとめています。

年齢不問の医師募集が殆ど



実際に医師専門の求人サイトをチェックしてみると、年齢不問の求人情報が殆どで年齢を指定されているものはまず見掛けません。
そのため「若い医師だから採用してもらえない」「50代の医師だから好条件で入職出来る」とは一概に言えないようです。

例え若い皮膚科医であっても内科や循環器科の診察が出来る上に患者からの評判の良い医師であれば採用される可能性はかなり高くなりますし、皮膚科医としての技術がしっかりしていれば年齢だけで不採用になる事はまずあり得ません。

もちろん多くの経験を積み人柄も良く、皮膚科専門医としてキャリアのある医師が有利である事は間違いありませんがそれが全てではありません。
「若いから絶対に不採用になる」とは言えないのです。

採用にあたって条件を提示する病院もあり



ほとんどの求人は経験や資格、称号、年齢などの条件を明記していませんが、中には皮膚科の経験3年以上など条件を提示している求人もあります。
実際に応募してみると「院長候補を募集してい.るので、管理が出来る医師が良い」「皮膚科専門医があればさらに良い」など条件面を言われるケースもあるようです。

経験や称号などの他にも、休出や残業に対応出来る医師が良い、分院に異動するかもしれないが良いか、当直があるかもしれないなど個別の条件や希望を聞く事もあります。
皮膚科医の事情もあるため、良く考えて決断しましょう。

一番良くないのは、採用してもらいたいばかりに「残業出来ます、当直も可能です。異動もOKです」と何でもかんでも了承してしまう事です。
入職後に大変な思いをしてしまう可能性がありますので、現実的に出来る範囲で対応するべきです。

最適な転職タイミングとは?



皮膚科医が転職するのにベストなタイミングは特に決まっていません。
女医の場合、お子さんが生まれてプライベートを重視したい時、常勤から非常勤医師へと転職されるケースも見られます。
皮膚科専門医を志し指導医のいる大病院へ転職する事もありますし、さらに高給与を狙って美容皮膚科医へと転向される方もいます。

スキルアップやキャリアアップのため、開業を目指して修行したい、もっと時間の余裕が欲しい、高収入を得たいなど転職の動機はそれぞれ。
何が正しく何が間違っているわけではありません。
「職場を変えたい」そう思った時は最適なタイミングなのです。